猫好きおやじのチヌかかり釣り

アクセスカウンタ

zoom RSS 込み潮で やってみました

<<   作成日時 : 2017/09/07 22:10   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2017年 9月6日 ( 旧暦 閏7月16日)  大潮  
曇り  朝のうち北西風 20匹  ゴムボート
画像

釣り場   さぬき市苫張沖のかかり
釣果    20匹(25cm〜45cm) 
竿     Daiwa 極イカダ誘いを改造 した元竿に黒工の穂先 128
ライン    1.2号通し
鈎     ヘラスレ 8号 バーブレス フライフック #10   
錘     ナシ〜6B
餌     オキアミ生・ボイル サナギ (コーンは釣果ナシ)
時間    7:10〜12:30


天気予報に惑わされて一日日延べをしたものゝ、朝になっても釣り場を絞り込めず、迷った挙句に志度湾を通り越して苫張まで走りました。こちらの釣り場は今回で5回目になりますが、これまでは下げ潮時ばかりで、込み潮を釣るのは初めての経験です。

見当をつけたポイントにボートを係留してダンゴを打ち始めた時には、既に込み潮がゆっくりと動き始めていました。開始から暫くは生命感が無くサシエが戻っていましたが、1時間後の8時過ぎにノーシンカーで竿4本分送った先で1枚目が釣れて、とりあえず ひと安心です。

ところが、2枚目を釣るまでには、さらに1時間を要してペースが上がりません。しかし、込み潮がみるみるうちに流速を増してスカリが吹き流し状態なってくると「4B/60釣法」が威力を発揮し、オキアミ生とボイルを使って一気にペースアップしました。

その後、さらに急流の様相を呈してきたところで6B錘を打って、ポツリポツリと数枚を追加しましたが、何れもダンゴ際で喰っているようなので錘を除けてみました。急流でもダンゴが割れた直後にアタッて来るのならノーシンカーで漂わせた方が効率よく釣れると思ったからです。これが正解で、以後は手返しよくダンゴ釣りが出来ました。

お昼前に満潮を迎えて潮が緩むと、ボラのアタックが激しさを増した上に良型?のフグも参加してハリを持って行かれ、頻繁にハリを結び直す破目になりました。今回もコーンには反応してくれず、潮どまりには特にサナギがアタリ餌でしたが、潮がわりでチヌの気配が消えたのを機に、ダンゴを残して終了しました。

涼しくなったので、スカリを曳いて帰るのも若干楽に感じます
画像


フグと、よく肥えたチヌ1枚を持ち帰り、他はリリースしました
画像



今朝のニャンズ
こちらの3ニャン組は、微妙な距離感ですね〜
画像


水場を設けてあるので、食後は、かわるがわる喉を潤します
画像


今日は、久しぶりにラクちゃんと遊んできました
画像


学校から帰ってきた孫は、真っ先にラクちゃんを抱きしめます
画像


先住猫のプッチ君も、4年目にしてようやくラクちゃんを認めてくれました
画像
           おっちゃんは明日、志度湾で釣ろうと思っています

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
4年目にして認め合うっていうことがあるんですね(^^)うちもまだ諦めないでいよう!
pmarin
2017/09/08 07:03
pmarinさん、認め合うって言ってもチュチュッとするだけですけどね。それでも、プッチ君が威嚇したり叩いたりしなくなったので好かったです。
nekozuki
2017/09/09 15:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
込み潮で やってみました 猫好きおやじのチヌかかり釣り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる