大チヌに ときめいた

2019年 6月17日 ( 旧暦 5月15日) 大潮 
晴れ 北西風で揺れた 25匹 手漕ぎのゴムボート
画像

釣り場   さぬき市志度湾のゴムボートかかり釣り
釣果    25匹(26cm~49cm)
竿     Daiwa BJ metaltune Fー125        
ライン   1.25号通し
鈎      バーブレスフライフック#10と#8 ヘラスレ9号               
錘     ナシ~4B
サシ餌  オキアミ、シラサ、コーン  
時間    5:50~13:20

干潮の潮どまりにダンゴを空打ちしながら支度をして釣り始めると1投目からダンゴアタリが有り、3投目でいきなり40cmオーバーを釣って士気が上がります。

その後も順調に釣り進んで7時半までに良型ばかり6枚を獲った後込み潮が速くなり、1時間余りは空白があったものゝ潮が緩むと再び釣れ出しました。

10時過ぎが満潮であったにもかかわらず北風に押されてか昼を過ぎても潮が替わりません。その間、掛けたチヌとの遣り取りに「これは50超えとるヤロ!」と何度も年無しを想起させられましたが何れのチヌも47~49cm止まりでした。

時々目先を変えたいので、大きめのシラサを選んでサシエ用に15匹、濡らしたキッチンペーパーをタッパーに敷き、13ℓのクーラーボックスにオキアミ、飲み物と一緒に入れて持参しました。こうしておけば帰るまでシラサが弱りません。
画像


生き餌として使うのが一般的ですが、時には尾っぽと頭を挟みでカットして胴体だけをハリいっぱいに刺します。今回はコレで4枚の良型チヌをゲットしました。オキアミも食い込みが悪い時は同様にして使用します。
画像


40cm未満は僅かでスカリを砂浜へ引きずり上げるのに重くて難儀しました
画像


釣りの帰りに小屋へ寄ると、珍しく昼間っから全員集合!
画像


チャコちゃんとサキちゃんは、坊ちゃんを警戒しています
画像


坊ちゃんは、猫疥癬の症状が診られるので病院で薬をもらいました
画像
ウエットフードに混ぜて、1日1回を隔日で3回投与します。疥癬の薬は反応が良いので2回目で効果が表れます。誰でも痒いのは辛いですからね。

   下のURLは最近見てほっこりしたネコ動画です

       https://youtu.be/XsPp9Ls0xyo

この記事へのコメント

ふても
2019年06月18日 14:08
痒いのは辛いですね。坊ちゃん、お薬飲ませてもらってよかったね~(^^)疥癬は人畜共通なので、どうぞお気をつけくださいませ。
nekozuki
2019年06月18日 15:06
ふても さん、疥癬に罹ったネコを5~6匹は治療していますが感染したことは無いので大丈夫かと思います。
坊ちゃんも、初めは喧嘩傷のカサブタかと思いましたが耳や首に特徴的な症状が診られたので確定診断を付けました。おっちゃんの診たてが違ってなければよいのですが…。

この記事へのトラックバック