ヤンチャなボラに辟易

2020年6月23日 ( 旧暦 5月3日) 中潮 
晴れ ナギ後北風 6匹 手漕ぎのゴムボート
IMG_8074.JPG
釣り場   さぬき市志度湾のゴムボートかかり釣り
釣 果  6匹(20cm~50cm)マアジ8匹      
 竿    Daiwa極の改造元竿に黒工の穂先 128
リール   Daiwa BJ IKADA 70      
ライン   Seaguar(フロロマイスター 320m) 1号通し
 鈎   バーブレスフライフック#10#8 ヘラスレ8と10号  
 錘   ナシ~ゴム張り0.5号 
サシエ  オキアミ生 海エビ(ボイルとコーンは釣果ナシ)  
時 間  5:30~13:10

潮替わりの8時までに何とか3枚を釣って込み潮に期待を寄せたが、意に反してチヌの気配を感じること無く時が過ぎて行った。
低活性なチヌとは裏腹にボラはやりたい放題してくれる。ノーシンカーで流しても、錘を打って止めてみても、置き竿でも落とし込んでもボラが反応してしまう。
イトに極力テンションをかけないよう、サシエをユルユルに漂わせいてもボラが銜えて手に負えない。
以前、鳴門の船頭から「ボラは誤ってサシエを吸い込んでもイトを緩めておけば吐き出すので口には掛からない」と聞いていたが、水面近くのボラがダンゴからこぼれたオキアミやコーンを吸い込み、そのまま泳ぎ去る姿を何度も目撃している。志度湾のボラには通用しないようだ。
そんな状況の中でも唯一の救いは、10時半頃に今シーズン11枚目となる年無しが出たこと。
やたら重くて底を切るのに難儀したので一時はボラを疑ったが、途中からの遣り取りで良型チヌを確信した。
IMG_8072.JPG

その後もじっと我慢で満潮の潮どまりまで続けたもののボラに翻弄され、アジの手応えと間違えるほどの小チヌ2枚を追加したのみで終了となった。
IMG_8075.JPG



今日は、にゃん の命日です  お墓詣りに行きました
IMG_8079.JPG
 

にゃん が逝ってから、まる4年になります… お気に入りの椅子にて
PC280018.JPG


デスクトップは今も にゃん… 去年の暮れからサキちゃんの遺影が増えました
IMG_8087.JPGにゃん とは語りつくせないほどの想い出があります… ありがとう… にゃん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント